坂戸台地水の恵み塾
坂戸市環境学館「いずみ」といずみボランティアスタッフの主催による講座「坂戸台地水の恵み塾」
第7回高麗川と浅羽ビオトープに集う鳥たち(平成22年11月14日開催)に講師(単なる案内人?)として招かれ、
坂口・増尾の両名が参加しました。
受講者22名と主催者側6名の28名が参加されました。
高麗川ふるさとの会による7年間の野鳥調査・野鳥観察会の観察記録の説明及び
最近の野鳥飛来状況を話した後、野鳥観察に入りました。
野鳥観察会ははじめての方も多く、フィールドスコープでとらえた野鳥の姿に感激されていました。
堤防から中里堰、そして万葉橋から散策路を上流へ、日門のところで折り返し合歓の木広場までの
コースで約2時間の観察会でした。
観察種は カワウ・ダイサギ・アオサギ・マガモ・カルガモ・コガモ・キジ・バン・オオバン・キジバト
・カワセミ・コゲラ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・ヒヨドリ・モズ・ツグミ・シジュウカラ・ホオジロ・
カシラダカ・カワラヒワ・ベニマシコ・シメ・スズメ・ムクドリ・オナガ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・の28種。
参考記録としてキセキレイ・アオジ 外来種ガビチョウでした。
受講された方々も市街地の近くで2時間ほどにこれほど多くの野鳥を観察できる浅羽ビオトープを
再認識されたようです。
また、当日は高麗川ふるさとの会の水生植物の除去等水辺の整備の活動日でもあり観察途中で
活動中の皆さんに出会い、あらためて自然環境保全の必要性を痛感されたようです。
      報告 坂口
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/85-0c882696