この日の活動は、草刈り隊、ヘドロ浚渫(しゅんせつ)隊、ゴミ拾い隊にわかれ行いました。
暑いなかの草刈りは大変です。ハンマーナイフモアも出動しました。
a2.jpg


あまりきれいに刈りすぎるのは、ビオトープ機能を低下させてしまうので、動物の視点になって、いわゆる「雑草」を草地としてマネジメントする必要があるかなと思います。(個人的な見解 by 松本)

ヘドロがたまっています。会員の方に、ヘドロの浚渫するための道具を作っていただきました。
水を含んでいるので、とにかく重い。
a1.jpg


 鶴舞川流域の生活排水等で汚れた水など、浅羽ビオトープがヘドロを引き受け、ある程度、水を浄化し、高麗川へ流れているものと考えられます。より多様な生物をビオトープで保全していくためには、それ以前の鶴舞川流域での水質浄化を行っていく必要がありそうです。
そんなことも考えながら、作業しました。
報告 松本
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/82-f98b2770