シメ(鴲)

夏場鳥影の少なかった浅羽ビオトープに、10月秋の深まりとともに、冬鳥がやって来た。ツグミ、アオジ、ベニマシコ、シメ。なかでもシメは数多い。ずんぐりした体形の特徴から逆光でのシルエットでもそれと分かる。
「ユーラシア大陸の亜寒帯で繁殖し、日本では北海道に夏鳥として渡来後繁殖し、冬期本州以南に移動する。大陸、サハリンなどから渡来する個体もある」と言う。さて、浅羽ビオトープにはどこから来るのでしょうか?
雄の頭上と頬は茶褐色、後頸と頸側は灰色で、背は暗褐色。風切は青い光沢のある黒で、大雨覆は白く、尾は黒褐色で外側尾羽の先は白い。尾は短い。嘴は太く肌色で春が近づくと鉛色になる。目先と嘴の基部、喉は黒い。雌は全体的に色が淡い。主に落葉広葉樹林や雑木林などの明るい林で生息し、市街地の公園や庭にも訪れる。繁殖期以外は単独で生活するが、春の渡りの時期には群れになって北上する。ムクノキ、エノキ、ヤマハゼ、カエデなどの種子を好んで食べ、地上に下りて落葉を払いのけて餌さがしをする姿もよく見かける。
 筆者の庭の餌台に、毎冬2羽のシメが来る。お目当てはヒマワリの種です。硬い外皮をその太い嘴で割り、中のやわらかい種実を食べる。先客のシメの後からもう1羽が来ると、激しく追い払って仲良く並んで食べることはないチチッ、ツツッ、キチッなど鋭い地鳴きで、さえずることはほとんどないが「チューピッピッピィー、チィッチィッ」の声の観察記録が北海道であるそうです。

参考資料:山と渓谷社・日本の野鳥 他 
文 増尾 隆  絵 坂口 稔

sime.jpg    
       シメ スズメ目アトリ科
       L(全長) 19cm


新観察記録  オシドリ(鴛鴦)
 
2008年11月14日朝、中里堰上流の護岸で雄1羽がコガモと一緒にいるのを確認しました。遠くて写真も写せず正式記録としても決めかねるので18日会員4名に連絡して再度確認していただきました。オシドリは明治神宮や井頭公園等都内でも方々で棲息する留鳥または漂鳥で特に珍しくもありませんが浅羽ビオトープ周辺では初めての観察です。あの独特の艶やかな色彩をもつオシドリが私たちの近くに飛来したことに感動を覚えました。27日に姿を観たのを最後に12月に入ってからは確認できません。残念です。              記 坂口
osidori.jpg     
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/44-181d29dc