ノスリ(鵟)

前回に続いて猛禽類のノスリです。浅羽ビオトープと周辺では通年観られる鳥です。
 ユーラシア大陸の温帯から亜寒帯にかけて繁殖するが、日本では主に本州中部以北で繁殖する留鳥。
寒くなると寒地や高地のものの一部は暖地や低地に移動し、四国・九州では冬鳥です。
亜高山から平地の林に棲み、付近の草原や農耕地、牧場、川原など開けた場所で餌を捕る。
頭部は淡褐色で黒褐色の從斑があり、喉にひげ状の褐色斑がある。成鳥の上面は淡褐色から黒褐色。頸から胸は白っぽいものから淡褐色のものと個体変異がある。腹と脇腹は帯状に褐色で、腹巻をしている様に見える。上空を翼と尾を広げて輪を描いて飛ぶことが多く、下から観察すると翼角の黒斑が大きく目立つ。俗に目玉模様と言い、チョウゲンボウ等と比べて短い扇状に広がる尾羽とともに、識別のポイントだ。
餌はネズミなど小形哺乳類やカエル、ヘビ、昆虫、鳥類で木の枝などに止まって待ったり、帆翔しながら探し、獲物を見つけると停空飛翔(ホバリング)でねらいをつけ、急降下して捕らえます。このドラマチックなシーンを観ることが出来たら、あなたはラッキーです。
浅羽ビオトープの「合歓の木広場」から対岸、高麗川左岸の木に止まっているノスリの姿がよく見かけられます。
 
参考資料:山と渓谷社・日本の野鳥 他  
  文 増尾 隆  絵 坂口 稔

nosuri.jpg
ノスリ タカ目タカ科
 L(全長)♂52cm
      ♀57cm
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/41-efef7b45