ササゴイ(笹五位)

ササゴイは世界中の温帯から熱帯で繁殖するが、日本でも本州から九州までの平地で繁殖する。南西諸島では冬鳥であるが、高麗川浅羽地区には4月から10月飛来する夏鳥です。
雌雄同色で、成鳥は頭頂が青味がかった黒色。後頭に長い冠羽があり背と体下面は青灰色で、大・中雨覆はササの葉に見える白い羽縁のある羽で、ササゴイの名の由来です。足と目は黄色。主に川で生活し、池沼や水田で見かけることもある。水辺にじっと立ちどまって魚を待ち伏せ、見つけるとさっと首を伸ばして捕食する。カエルや水生昆虫も食べる。夕方から夜間にかけて盛んに行動するが、日中もよく採食する。
 九州では、嘴で小さな虫などを水面に投げ、それに集まる小魚を捕らえる行動をするものもいるそうです。飛び立つときや飛びながら「キュー」と一声づつ鋭い声で鳴くことが多い。水辺近くの木の枝の上に小枝を積み重ねて皿状の巣を作り産卵します。ともに数つがいが小集団で営巣し、これをコロニーと言います。
 浅羽ビオトープの少し下流、高麗川中里堰で一羽のササゴイがよく居ます。堰上で魚を狙っているのです。鶴ヶ島市雷電池にササゴイのコロニーがあり、一説にはそこから飛来しているのだろうと言われています。
 
参考資料:山と渓谷社・日本の野鳥 他
 文 増尾 隆   絵 坂口 稔

sasagoi.jpg     
      ササゴイ コウノトリ目 サギ科、 
        L(全長)52cm
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/34-2920de73