28年度の事業参加者延べ人数は1264名で今までの最高参加者数となりました。

そして、サクラの開花の季節となり新年度の事業が始まりました。

新しい年になっての作業もこの時期は水の中に入っての作業が続きます。

新年度スタートの日
4/4(環境デー) 
 水路の中の水草を取り除く作業を

4/8(水辺の整備) 
 この時期になると本流から鯉がビオトープに昇ってきて産卵の季節となるので
 鯉の防止柵を設置しネットを張って鯉の遡上を防ぎます。

鯉は雑食性の為、ビオトープ内に棲息する小魚、ザリガニ、トンボのヤゴなどが
鯉のエサとして食べられてしまいます。
それを防止するため、ネットを張って侵入を防止する作業となります。

ビオトープには居着きの鯉の他、どこからやってきたのかライギョまで棲息しているので
これも排除しなくてはならないと考えています。

鯉やライギョが入ってしまった事で以前に比べ
ビオトープ内の小魚が目に見えて減ってきているように感じています。

IMG_1032-2.jpg

IMG_1042-2.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/331-90a3a461