シリーズ植物     連載第31回

音符1ビオトープの“花は夜開音符2


❖ネムノキ (マメ科)
ねむの木
★蜜を出す頂生花は筒部が長い。
ねむの木2

*初夏の夕暮れ時に、香り高く咲き始める。
だから、花の鑑賞は夕方か早朝に限る。

*10数個の花が頭状に集まり咲いている。
  まるで化粧筆の様な、白・桃色に染め分けた絹糸の束は花びら
  ではなく、「おしべ」である。
*萼や花冠は緑色で小さく目立たない。
*夜、香りに誘われ訪花する「スズメガ」の仲間は突き出るめしべに
  花粉を付け、蜜を求めて、「おとり花」の花粉にまみれる。
  蜜を出すのは1〜2個の頂生花だけだからである。
*花とは逆に、羽状複葉の小葉は夜閉じる。
小葉の表側が合わさる姿から「合歓の木」。
  中国では夫婦円満のシンボルだそうで、不機嫌な夫の酒に花を入れて飲ませると機嫌が直るという伝説があるとか。
試してみてはいかが?

❖メマツヨイグサ(アカバナ科)
メマツヨイグサ
メマツヨイグサ2


❖カラスウリ (ウリ科) ・・・雄花と雌花がある。写真は雌花
カラスウリ


🔵初夏から夏に夜咲く花は、➀闇夜に浮き立つ白や淡黄色 ➁高い香り ➂長い筒を持ち、
 底に蜜を隠す。信頼できる花粉の運び屋は、「スズメガ」の仲間達である。
 ➀高い飛翔能力 ➁長い口吻 ➂ホバリング能力 の優れた資質で受粉に貢献している。 


オオスカシバ
※夕方、ネムノキをよく訪れる「オオスカシバ」―口吻が長い。
※夜行性の蛾の吸蜜写真は難しいが、昼行性の蛾でもタイプの花の形は
 分かる。一般に筒部が長く、筒の長さは相手の蛾の口吻サイズに適応し
 種ごとに特化しているようである。
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/301-7777a67c