昨夏は連日の猛暑で、浅羽ビオトープの鳥影も少なく、それは9月に入っても続いた。気温は高低を繰り返しながらも、日本の秋の風物詩となった、セイタカアワダチソウの花が黄色を濃くし、ノイバラの実が赤く、エノキの実が熟して、10月シメが姿を見せる。いよいよ冬鳥の季節到来だ。当会「定期野鳥調査観察会」の11月12日(水)、観察路わきの木の枝に止まるツグミを観る。今期初認(当地)です。

 ツグミは秋になると、繁殖地のシベリアから大群で、全国に冬鳥として渡来する。日本に着くと群れを分散して、山地の林や農耕地、川原、芝生、干潟など、いろんな環境で生活する。
 頭頂から背、肩羽、耳羽は黒く、雨覆は赤褐色。風切と尾羽は黒褐色。眉斑と頬、喉は白い。胸から腹は白く、胸から脇にかけて黒斑がある。嘴は黒く基部は黄色い。足は赤黒い。翼上面の赤褐色や胸の黒斑は、個体によって変異がある。雌雄同色だが、雄は雌より全体の褐色と黒色が比較的に濃い。
 群れで生活するものと1羽で生活するのがいるが、浅羽ビオトープでは1本の木に数羽が止まっていたりする。地上を数歩はね歩いては立ち止まり、胸を反らせる動作を繰り返しながら、土中からミミズや昆虫類の幼虫などを採食する。畑の堆肥を積んである所では、群れでの採食行動を見かけることがある。文献によると、カラスザンショウ、ハゼノキ、イイギリなどの木の実を好んで食べるそうです。鳴声は「カッ カッ」と特徴のある声で「あっ ツグミ」と直ぐ分かる。
ニュース36-5p-11
ツグミ スズメ目ツグミ科 L(全長) 24cm

 別亜種に、ハチジョウツグミがいる。胸の黒斑がなく、赤褐色の斑点、全体的に黒味が少なく「レンガ色」とも言われる羽が目立つ。ただし、個体差がある。ツグミと同じ大きさで、冬鳥として全国に渡来するが、数は少ない。浅羽ビオトープと周辺に、何回か飛来したことがある。筆者の記録ノートを見ると、
2011年3月6日(日)「ヒレンジャクとハチジョウツグミが観られた」とある。そして5日後の3月11日(金)あの大災害をもたらした「東日本大震災」があった。忘れられない思い出の鳥だ。
※シベリアからサハリン方面で繁殖するツグミ類のうち、ツグミは極地方で繁殖し、ハチジョウツグミはそれより南で繁殖する。
 ニュース36-5p-1
ハチジョウツグミ

先輩のS氏が言った
「いいね~ツグミの姿。つつ~と歩いて立ち止まり、
   すくっと胸を立てて… 実にいいよ あの姿勢!」
5月上旬、北に向かって旅立つ。
  
            参考資料:山と渓谷社・日本の野鳥 
                        文 増尾 隆
                        絵 坂口 稔

初観察記録 ミサゴ(鶚)


第136回野鳥調査(10月8日)おいて飛翔するミサゴを観察しました。
野鳥調査を初めて累積観察種数は100種類に達しました。
ミサゴはL(全長)♂54cm ♀64cm 
W(翼開長)155cm~175cmでトビより少し小さいが翼が細長くWはトビより長いほどです。
海岸・河口・大きな湖沼等に棲み魚を食べます。したがって浅羽ビオトープの上空での観察は非常にまれで貴重な出会いでした。
英名はOsprey(オスプレイ)です。
停空飛翔をしてから水中に急降下して魚を取る姿から、米軍では垂直離着陸輸送機にオスプレイと名付けたものと思われます。     M・S記
ニュース36-6p-1ミサゴ

Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/253-884fd97b