「炭素繊維を利用しての水質浄化を」と坂戸市の事業で
ビオトープに炭素繊維を設置していただきました。

非常に細い炭素化してつくられた繊維を束にして水路に浮かべます。
この繊維に微生物が付着し、その微生物が水中の汚濁物質を分解して水質浄化の効果を発揮します。

約5mの炭素繊維を9本並べてこれで1組で
同じ大きさのものを2か所に設置しました。

効果が表れるには時間が係ると思われますが
すでに5~6年前に設置した芝川では効果が表れているそうです。

IMG_20140910_100317_486.jpg
設置場所に杭を打ち込み固定します

IMG_20140910_095617_992.jpg
指先に乗っている部分1つで炭素繊維12,000本

IMG_20140910_110459_458.jpg
これが1本で5mです

IMG_20140910_113943_582.jpg
設置完了(1か所)

DSCF8062-2.jpg
2か所に設置しました。

上流より流れてくるごみが設置個所に引っかかりますので
定期的に除去の作業は必要となりますが、効果が現れてくれるのが楽しみです。


JWG HPより引用

●水利用に用いられる炭素繊維
水質浄化材に用いられる炭素繊維は、PAN系(ポリアクリロニトリル繊維を炭素化して作られる。)の繊維で一般工業用とは異なり、水中での広がりを持たせるため特殊なサイジング処理が施されています。現在の水質浄化材は、7ミクロンの微細なフィラメントが12,000本集まり房(束)となっているものを使用して作られています。

炭素繊維による水の浄化は、環境に負荷をかけない経済的(安価)かつ効果的方法です。
炭素繊維の高い生物親和性により活性な生物膜を形成し、その微生物の働きで汚濁物質を捕集・分解します。
また炭素繊維は魚類を呼び寄せ、産卵や稚魚の養育環境である藻場としての機能を発揮します。

              
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/242-ee416d8c