ブタクサ(キク科)
1870年ごろ渡来し各地の荒れ地に帰化している。大量の花粉を飛ばし花粉症の原因になるといわれ嫌われています。あまり美しくない草姿から名づけられたらしい。
長い穂になっているのが雄の頭花で総苞は電球の傘のような形をしている。雌の頭花は雄の花穂の茎部に2~3個あり、雌花が1個入っている。果実は5mm位で数個の突起があり20%の油脂を含んでいて食用になるという。
1年草、花期は7~10月高さは30~150cm位
ブタクサ


オオブタクサ(キク科)
北アメリカ原産。
1952年に侵入した帰化植物で、河川敷や荒地などに大群落をつくっている。
花の構造はブタクサと同じだが、葉身は掌状に3〜7裂、対生する。(ブタクサの葉は羽状に深裂し下部だけ対生する)  オオブタクサはサイズも大きく、高さは1〜3m、茎の太さは2〜4㎝にもなる花期は8月から9月高さは1~3m位
オオブタクサ


ブタクサは数年前迄は坂戸台地でも見かけましたが、最近ではほとんど確認できません。
ビオトープでみられるのはオオブタクサです。


セイタカアワダチソウ(キク科)
高度成長期に埋め立て地が作られ本種の生育に適した湿った荒地が多くなり、大繁殖した。
最近はそのような場所が比較的少なくなり一時のような勢いは見られない。
当初は観賞用に栽培されたものだけあって黄色の花は実にきれいである。枯れた茎は簾の材料に利用されている。
多年草 花期は10~11月 高さは100~250cm
セイタカアワダチソウ


文:山下 茂  写真:福島 倫子     
参考 野草大図鑑(北隆館)
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/217-2a2bcae1