ビオトープの樹木   (ハリエンジュ・シンジュ・クワ)

ビオトープには多くの樹木がありますがここ数年で樹木の分布に変化が見受けられます。
もともとビオトープの場所は桑畑であったためクワの木が多く見受けられるのは当然のことですがハリエンジュ(ニセアカシア)やシンジュが勢力を増してきています。
これらの木々は繁殖力が旺盛で何時かビオトープを覆い尽くすのではないかと危惧しています。
活動日にはこれらの木々の間引き作業も行っています。
反面、エノキ・クヌギなどが実生で発芽し育って来ているところも見受けられます。目印をつけ刈り取られないよう保護します。
私たちの活動でこれらの自生した木々が大きく育ち樹林を形成する手助けになればと願います。

DSCF1352.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/207-e0e1358f