イヌガラシ(アブラナ科)
 
もっともふつうな雑草の一つで庭や道端、他の畔にもよく生える。
植物では利用価値のないものにイヌ・・・と名前を付ける例が多いがまさにこれに該当する。
全体に無毛で花は黄色で、果実は短棒状でやや弓状に曲がり明らかに果柄より長い。長い根茎を伸ばす。
多年草。花期4~9月、高さ10~50cm
イヌガラシ



アケビ(通草・木通) 
    (アケビ科アケビ属   才能)


左巻きの蔓が長く伸び、短い枝に楕円形の葉が5枚集まって掌状の葉になる。
春に葉の付け根から花枝をだし、先のほうに淡い紫紅色の雌花が数個咲きその下に紫色の雄花が1~3個咲く。
紫色の果実は秋に熟し食べられる。
ビオトープのあちらこちらで見受けられます。
アケビ

    文:山下 茂  
    写真:吉野 信次     
    参考   野草大図鑑(北隆館)
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/194-165ead20