小雨の降る中、定期調査に10名の参加がありました。
晴れ・ハレ・はれでビオトープはカラカラに乾いた状態でしたが、久しぶりのまとまった雨で草木も大喜びです。
しかし野鳥たちにとっては恵みの雨とはいきません。小雨の中、必死にえさをついばんでいます。
こんな日の調査に参加した人にはきっとご褒美があるよと調査開始です。
ビオトープの入り口「万葉橋」を入ってすぐの樹林で、野鳥観察ベテランのKさんが「オオルリの声」と。。。
みんなで探すが姿はみせてくれません。
先に進むと、「キビタキ」こちらは全員が確認! 感激!!
ビオトープのマスコットカワセミの「こまちゃん」、オオヨシキリ、普段はあまり姿をみせないウグイスが樹上ですばらしいさえずりと姿をみせてくれる、
水面には旅立ちを忘れているの?コガモのカップル、外来種のカオグロガビチョウ、ガビチョウ、などなど。
調査も終わりに近づいたところで、再びオオルリの声!!
樹上でさえずる青い鳥!! すばらしい瑠璃色の背、白いお腹を今度は参加者全員が確認!!
オオルリは夏鳥として渡来し、丘陵、山地で繁殖をしますがその渡りの途中、浅羽ビオトープで小休止していた様子です。
過去に数名の方より観察の報告をうけていて初観察ではありませんが定期調査時では初確認となります。
「やはり、いいことがあったね」と 調査終了。
定期調査時での観察種数は延べ93種となりました。
本日の観察種 33種+外来種2種でした。


y6.jpg
(オオルリイラスト坂口)
                           報告M・Sさん
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/114-613414b3