1月12日、野鳥定期調査実施 参加者 18名 確認数 32種+2種(参考記録)+1種(ドバト)+1種(外来種)
 風もなく穏やかな調査日でした。 定期調査が今回で91回を数え今年中に100回を達成することになります。
 薄氷の張ったビオトープではセキレイがけなげに氷上で餌を探している光景が見られ、氷の解けた樋門下流の水路ではカワセミが盛んにダイビングをして小魚を狙っています。
今までは確認されていなかったオオバン、ハシビロガモが高麗川本流に飛来しています。
またレンジャクもそろそろ飛来する時期となってきております。
小鳥たちは寒さをものともせず元気に動き回ってもうすぐ来る春を待っているようです。

y3.jpg
 イカルの群れがいるよ!
Secret

TrackBackURL
→http://komagawakanri.blog.fc2.com/tb.php/111-9fe31e1d