猛暑にも負けず伸びてきた草が枯れると刈り取り作業が
困難になるのと、冬眠前のマムシなどの被害が出ないうに
散策路の脇などの草刈りを行いました。

散策路にはガガイモの無事受粉した花帆が膨らんできており、
あと1か月もすると裂開する果皮から、長い毛を持つ200余りの種子が、
雲の如くモコモコ沸き立ち、天空に舞う。歓声が沸き、人も舞い上がる
光景を目にすることができると思います。
また、花の開花時間がほんの1時間位というキンゴジカなどが
群生している個所もあります。
このような場所は刈り取るのを免除しながらの刈り取り作業です。