DSCF1107-3.jpg

花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間の団体に対し、その功績をたたえ、国民的運動としての緑化推進活動の模範として表彰する「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰の受賞者が決定され全国から103団体が選ばれ埼玉県からは高麗川ふるさとの会と他1団体が受賞しました。

 皇太子殿下御出席のもとに、第25回全国「みどりの愛護」のつどい表彰式典が、5月24日(土)鳴門・大塚スポーツパーク(徳島県鳴門市)で行われ、表彰式には「高麗川ふるさとの会」会長が出席し国土交通大臣表彰を受けました。
 
 皇太子さまは豊かな緑は、私たちの暮らしにゆとりと潤いをもたらすとともに、多様な生態系を支え、地球温暖化を始めとする様々な環境問題の改善や、さらには災害防止にも大切な役割を果たしております。「みどりの愛護活動への取り組みは大変意義深いもので、皆さんの努力に対し深く敬意を表します」とあいさつされました。

 これもひとえに会員各位の協力のもとに長年活動を続けてきた功績が認められたもので大変喜ばしいことと思います。
今後も表彰に値する活動を継続すべく会員全員の協力で進んでいきます。

hyousyoujyou
2014.05.06 環境デー作業
ゴールデンウイークの最終日、
環境デーの活動日に20名の参加がありました。

そろそろ水田の作業が始まりビオトープ水路に流入する
水量も多くなってきています。

水量が多くなるとともにごみや水草の流れ込みも増えてきています。

散策路脇の草もすこしづつ茂ってきています。
5月後半からは草刈り作業が始まります。

今日の作業は
   *水路のごみを拾う人、
   *散策路周辺のごみを拾う人
   *実生(どんぐり)で芽を出して育ってきているナラやクヌギの周辺の草を手鎌で刈る人 と
1時間半の作業を行いました。

DSCF1045-2.jpg