2014.03.17 浚渫工事
ビオトープに堆積した土砂の浚渫工事を行っていただきました。

今回はビオトープ中央部ワンド、出島上流部の水路拡幅、
ワンド下流部の10年間手つかずの場所と3か所の土砂の浚渫です。

夏に水質浄化に活躍してくれた水棲植物も冬季には
腐敗して汚泥の原因となるためこの時期に撤去します。

人力で水路の拡幅、土砂の撤去を行うと1回の作業でおこなえるのは
せいぜい10~20mですが重機はあっという間に完了です


2014年3月1日の読売新聞・埼玉新聞の
国土交通省荒川上流河川事務所広報に掲載されました


荒川の自然を未来につなごう

保全活動に酸化してみませんか

浅羽ビオトープ
仲間と学びながら自然を守る


高麗川ふるさとの会と太郎衛門地区の2団体が紹介されています。

arajyou
arajyou kakudai