環境整備の活動日です。

坂戸市の河川改修工事ででた礫をいただき
ビオトープの水質改善に活用することにしました。

礫は3日前にビオトープに搬入を済ませ
会員36名の参加でビオトープの水路3か所に入れました。
法面の傾斜に足を踏ん張りながら
一つ一つ手渡しで送っていきます。

水路に礫を入れることで石に微生物が付着し、
礫間を流れる水が微生物の働きによって浄化されると考えます。

梅雨のさなかの作業日設定でしたが天候も味方してくれ前日までの雨もやみ
約1時間半ですべての作業が無事終了となりました。





坂戸市長・国土交通省荒川河川事務所・埼玉県議会議員・坂戸市環境部の
ご臨席をいただき第11回高麗川ふるさとの会通常総会が大家公民館において開催されました。

2013/6/16現在会員総数    116名
      総会出席者数     48名
       委任状提出     40名

  全議案が提案通り承認・可決されました。

会員から次のような意見発表がありました。

放流された鯉がビオトープに入り込み他の小魚・トンボの幼虫などなどを食べているように感じる。
以前は多くみられた小魚やトンボ。ザリガニなどが減ってきているような感じを受けるが?

生物の多様性がビオトープの意義であるがこのままでは鯉の養殖場となるのではないか?
青年会議所が放流したホタルと両立できるか心配である。

2013総会




異常気象でしょうか?
梅雨に入ったというのに雨が降りません・・・

ビオトープの水路の3/4が干上がってしまっています。
この時期に水路が干上がることは今まではありませんでした。

高麗川本流では鯉の救出が行われました。
2013.06.04 草刈り作業
環境デーの活動日です。
ビオトープ駐車場に14名の会員が集まりました。
今回初めての新人さんも参加いただきました。

草刈り部隊ごみ拾い部隊に分かれて作業スタート・・・

気温が上がってきて一気に草が伸びてきています。
ビオトープを6分割して生息している生き物たちの住処を
なくさないよう配慮しながら草刈りをしていきます。