環境整備の作業日です。

水路にはガマ・ヨシ・ミクリ・イグサ等など多くの水生植物が茂り

みずの中の富栄養化した物質を吸い上げ水質浄化に活躍してくれます。

しかし、冬になるとその水生植物が枯れて水質汚濁の原因物質となってしまいます。

ビオトープの水質を悪化させないために、寒い時期に枯れた水生植物を

取り除く作業を毎年行っています。

2013.01.23 野鳥観察会
野鳥分科会で毎年行っているハクチョウ飛来地での観察会です。
この時期はいつも木枯らしが吹く中での観察会ですが、今日は天候に恵まれゆったりと
観察会を楽しむことができました。

数年前の鳥インフルエンザの関係から飛来地の行政で行われていた餌付けが
中止されていますが毎年150羽程のコハクチョウが飛来して冬を過ごします。

餌付けが行われていないことから近くの田んぼの餌場に行くため約20羽くらいずつの
群れでコハクチョウが大空を飛ぶ姿を観ることができました。

大きなハクチョウが大空を飛ぶ姿は青空に映え壮観でした。

hakutyou.jpg

本日の参加者 24名 
観察種数   35種+外来種1種+ドバト
2013.01.08 新年初仕事
新しい年となって初めての活動日です。
厳しい寒さの続く朝9時、ビオトープ駐車場に13名が集まりました。

ビオトープ内の遊歩道・水路のごみ拾い班、5号堰からの水路清掃の班、
ベンチ作成班と3班にわかれての作業です。

倉庫前にベンチが5基そろいました。
野鳥観察会の鳥合わせ、植生観察会で活用できます。
IMG_20130108_110623_578.jpg


お正月休みでなまった身体をほぐし、集めたごみは45㍑ごみ袋5つです。
IMG_20130108_110530_629.jpg


でき上がったベンチに並んで仕事始めの記念写真。
IMG_20130108_105330_266.jpg