ビオトープのバイオトイレが長い間使用不可になっており、
訪れていただく方々に不便をおかけしていましたが
改修工事が始まりました。

今までのバイオトイレは木材チップを利用して自然にやさしい方式で
処理を行うトイレでしたが使用者のマナー違反が多く何度も故障して
改修を行ってきていました。

今回は建て屋はそのまま利用し、内部を簡易水洗方式に変更しての改修となります。

工事は10月中には完成する予定です。
今しばらくのご辛抱をお願いします。

トイレ改修

間伐を行った枝をチップ化しました。
ビオトープで循環させます



台風一過の清流高麗川

環境学館「いずみ」子供生物観察に参加 (7/26)

7月26日(木)環境学館いずみ主催の「夏休み生物観察」に見守り隊員として参加した。
当日はギラギラの真夏日で絶好の水遊び日和。4年生以上の小学生20名弱が、粟生田大橋下の高麗川に入り網を振り回した。
アブラハヤ、シマドジョウ、トビゲラなどを採集し講師の先生から生息環境を含めて説明を受けた。やはり子供らは生き物を捕まえるのが楽しそうだ。それには、傍らで見守る多くの大人の眼が不可欠だと感じた。
東武東上線で川越から坂戸方面へ下ってくると、入間川、小畦川、高麗川、越辺川、都幾川など多くの河川が流れている。
ちなみに川越から西武新宿線で所沢方面へ向かうと、入曽駅付近で不老川を所沢駅付近で砂川堀を渡るが、いずれも鉄橋も無くほとんど気がつかないで通り過ぎてしまう。まして水遊びなどできる川ではない。
恵まれた清流高麗川のほとりで水遊びをしてみようと思う。        記 森

CIMG4243.jpg

タコノアシ生育地を訪ねて 高麗川散歩(8/17)
川やため池などの流れのゆるやかな泥湿地(でいしっち)に生える植物で、環境庁のRDB では絶滅危惧II 類(絶滅の危険が増大している種)に指定されています。
その貴重なタコノアシが四日市場(滝不動の近く)にわずかに生育しています。
 現在、開花中の花は白ですが、10月ごろになると、まるでゆでた蛸のように真っ赤になるそうです。
10月19日の高麗川散歩は再度真っ赤になったタコノアシを見に行きます。   
ぜひご参加を!
DSCF8035.jpg