埼玉県主催の「川の守り人育成スクール」の野外活動研修が10月23日(日)浅羽ビオトープで行われました。
埼玉県内で水辺環境の保護活動を行っている方たち約70名が研修に来られました。
初めにビオトープ駐車場で「高麗川ふるさとの会」の活動の様子や使用している機械、用具の説明を行いました。
その後、草刈り、水質検査の体験、野鳥の観察を行いながらビオトープを散策し現地研修を行いました。
次に会場を坂戸市役所にうつし、高麗川ふるさとの会の会員も加わり6つのグループに分かれて意見交換が行われました。
どの団体も参加者の減少など悩みが多いようでした。
午後の部では新河岸川水系環境団体の「川に教えられた、楽しい川づくり」「黒目川ペットマナーキャンペーン」についての発表が行われました。
最後に参加者より研修会場を提供した、高麗川ふるさとの会にお礼の言葉を頂きました。

ko11.jpg
ビオトープ駐車場にバス2台で到着

ko10.jpg
活動に使用している用具の説明を行いました

ko9.jpg
研修会の案内メンバー
2011.11.05 環境展に参加
環境展に参加
11月5・6日さかど産業まつりの一環として坂戸市環境展が開催されました。
「環境学館いずみ」のご好意により昨年に引き続き「高麗川ふるさとの会」のコーナーを設けていただきました。
高麗川の風景、野鳥、花、昆虫などの写真、そして広報「こまがわニュース」を展示しました。
また会場で住田勝氏のビデオ「浅羽ビオトープを守って8年」を上映したこともあり多くの方々が関心を持たれ話しかけてくださいました。
*市街地の近くにある浅羽ビオトープを最近知りました。いいところですね。
*散歩のコースにしていますが、環境保全活動に活動している会のことを初めて知りました。頼もしく思いました。がんばってください。
*緑豊かな地方から現在浅羽野にうつりすみくらしています。土日には浅羽ビオトープに出かけふるさとを思い出しています。
定年になったらぜひ参加したいと思っています。
*田舎で身近にみられた野鳥がこの地でも見られるとは思いもよりませんでした。できれば参加したいと思います。
高麗川の再認識、そして浅羽ビオトープの自然を、さらに高麗川ふるさとの会のこれまでの活動を多くの方々に知ってもらえたことで意義ある参加であっただろうと思います。
報告 M/S

jyuku3.jpg
展示準備風景