空芯菜のいかだ設置作業を行いました。
毎年、ビオトープにごみ流入の防止対策と、水質浄化対策として空芯菜をいかだに植え付けています。
会員の畑で播種し育てた苗をいかだに植えつけます。ほんの小さな苗が見るみるうちに成長します。
眼には見えない水中の富栄養化成分を吸収して育ちます。
空芯菜が大きくなっただけ水質の浄化作用が行われるということです。
ビオトープにはこの時期になるとガマ、ミクリ、ヨシ、ミゾソバ、等々が繁茂してきます。
水生植物によって水質浄化が盛んに行われることとなります。

空芯菜の苗を植えつける人、係留の準備をする人、毎年の作業で手際が良くなってきました。

11.jpg


いかだの設置です。今年は増水したときにいかだが浮き上がりやすいようにフロートをつけました。

12.jpg


こんなに小さな苗です。

13.jpg


ビオトープ中央部のワンドにも一基設置しました。

14.jpg

第9回通常総会

広報 - 広報分科会

作者: 松本 翔(Admin.)
2011年 9月 02日(金曜日) 16:01
高麗川ふるさとの会、第9回通常総会が6月12日(日)10時より坂戸市立大家公民館多目的ホールにおいて伊利坂戸市長、環境部部長、国土交通省荒川上流河川事務所長、越辺事務所長にご臨席を賜り開催されました。
会員総数110名、総会出席37名、委任状提出40名、で総会成立宣言がなされました。議長に武藤さん、書記に川村さんが選出され、第1~2号議案、平成22年度事業報告、会計報告、第3号議案、役員改選(案)、第4~5号議案、平成23年度事業計画(案)、収支予算(案)、がすべて原案通り承認されました。
ご臨席いただいた国土交通省からは3月11日の東日本大震災で荒川水系においては築堤に亀裂を生じた場所が何箇所かあったが、幸いにも大きな被害はなく修復作業も終了しているとの説明がありました。

総会終了後「ビオトープに夢追う人々」川田猛男さん作品(川越シネクラブ会長)と 「首都を支えた川物語 後編:戦後から21世紀へ」(企画;国土交通省関東整備局)を上映しました。
ko7.jpg
三浦会長