5月21日と6月25日に草刈作業を行いました。
梅雨の雨と暑い季節がやってきてビオトープの草も見る見るうちに伸びて来ています。
散策にいらっしゃる方々に気持ちよくすごしていただくため、この季節からは草刈の作業が主になります。

s8.jpg

河畔林 作業前

s7.jpg

ハンマーナイフモアーで約1,5時間で刈り終わります

s6.jpg

散策路の脇も刈ります

s5.jpg

作業前

s4.jpg

作業中。大勢で一気に刈り取っていきます

s3.jpg

作業終了
今回の作業はビオトープの中央部分の作業でした。
全体的に刈るのではなく毎月の作業で部分的に除草していきます。
このように除草作業を行っていくことで散策に訪れる方々、また、ここビオトープに生息している動植物昆虫たちの環境も維持していけると考えての作業です。
 昨日の作業に続いて河畔林の草刈り作業を行いました。
暑い中、連日の作業にもかかわらず参加者は13名。
 ハンマーナイフモアーで遊歩道わきの草を刈り、また水辺へ斜面は刈り払い機で、水際は手作業となります。参加者それぞれが阿吽の呼吸で黙々と作業を行います。
 作業を終え疲れよりも達成感、充実感に満足の一同です。
  
s2.jpg

天気予報では雨の予想に反して、集合時間には太陽が顔をのぞかせてくれました。
 しかし、梅雨の真っただ中で非常に蒸し暑い中、今日は空芯菜を筏に植え付ける作業日。
先日係留した筏に空芯菜を植え付けと、ゴミの流入防止柵を筏に取り付け作業も並行して行いました。

31.jpg

 
今年も空芯菜が水中の窒素・燐等の汚濁物質を吸収して水質浄化に活躍してくれることと思います。
その後、ビオトープ内のせせらぎ部分の水草の除去も行いました。礫につく微生物が水質浄化に役立ってくれることでしょう。

32.jpg

 
報告 Aさん
新緑が目にまぶしく久しぶりにすがすがしい晴天の観察会でした。参加者は18名で、この季節は木々の葉が茂り鳥の姿が見つけにくい時期で 参加者の数だけ鳥が現れてくれるかと心配しながらのスタートでした。
 しかし、スタートと同時にホトトギスの声が聞こえ、キビタキ、ヤマガラ、なども現れ、またサンコウチョウの姿を見ることはできなかったものの声を聞くこともできました。城山に自生しているノイチゴを楽しみながらの観察会で、観察種は22+外来種1でした。
この日の活動は、草刈り隊、ヘドロ浚渫(しゅんせつ)隊、ゴミ拾い隊にわかれ行いました。
暑いなかの草刈りは大変です。ハンマーナイフモアも出動しました。
a2.jpg


あまりきれいに刈りすぎるのは、ビオトープ機能を低下させてしまうので、動物の視点になって、いわゆる「雑草」を草地としてマネジメントする必要があるかなと思います。(個人的な見解 by 松本)

ヘドロがたまっています。会員の方に、ヘドロの浚渫するための道具を作っていただきました。
水を含んでいるので、とにかく重い。
a1.jpg


 鶴舞川流域の生活排水等で汚れた水など、浅羽ビオトープがヘドロを引き受け、ある程度、水を浄化し、高麗川へ流れているものと考えられます。より多様な生物をビオトープで保全していくためには、それ以前の鶴舞川流域での水質浄化を行っていく必要がありそうです。
そんなことも考えながら、作業しました。
報告 松本