FC2ブログ
水辺の整備の活動日で水路脇の草刈り作業を行いました。
気温も高くなり子供たちが水辺に近づき水路に落ちないよう侵入防止のロープを設置しました。
この場所はビオトープの泥が本流に流れ込まないように泥落としの場所として
水深が深く落ち込むと底なし沼のようになっているため危険な箇所であるため
侵入禁止の看板も設置してありますが、更にロープも張って安全の確保を・・・

IMG_1776-2.jpg
2017.12.12 官民境界確認
高麗川ふるさとの会でビオトープの環境整備を行っていますが
ビオトープが整備されるときに堤外地にある
民有地の買い上げが全面では完了しておらず
多くの民有地が残っています。
草刈り作業をを行うとき境界がはっきりしない場所があるため
民有地に侵入してトラブルが発生しないよう
国土交通省の立ち合いのもと、境界確認を行いました。

図面を見ながらブッシュの中の杭を探し当て
IMG_1448-2.jpg

杭の周りの枝や蔓を取り除き
IMG_1455-2.jpg
2017.06.11 干ばつ
 梅雨時というのに降雨がなく、何年か前にもビオトープが干上がったことがありましたが
今年もその時と同じようにビオトープの95%くらいの水路が干上がってしまいました。
干上がった水路には大きな鯉やライギョの死骸が見受けられます。
わずかに残った水たまりでは小魚たちが口をパクパクさせて必死に呼吸を・・・
本流も完全に干上がり大きな鯉が何匹も死んでいる状況です。

IMG_1194-2.jpg

IMG_1193-2.jpg
2017.05.10 荒川下流研修
国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所と荒川下流河川事務所岩淵出張所のご協力により「荒川を船で下っての研修」が5月9日に行われ19名が参加しました。
知水資料館amoaで荒川放水路の成り立ちやその後の沿川の発展、新たな治水上の課題など荒川について、amoa 職員の方に説明いただき、その後、国土交通省のあらかわ号に乗船し荒川放水路岩淵水門から荒川ロックゲートまで下りロックゲートの通船体験をしました。
甲武信岳を源流に東京湾に至る荒川は長さ:173km 流域面積:2,940km2 人口:930万人で、途中多くの河川が合流しており、それぞれの河川の水位の違いを調整し、災害が起こった時の洪水対策としての水門が数多く設置されています。大災害時の陸上交通の寸断に対応するための対策として、河川による舟運の確保のためロックゲートの整備が進められていることを改めて知ることができました。
何時も目にしている高麗川のBODの値は0.2~0.4ですが、訪れたあたりの水は以前に比べ改善されたとはいえ濁りがありお世辞にもこの場所で水遊びを・・・とは思えない状況です。下流の水は浄化処置をしてから放流されているのに、そのBODの値が1.0とのことで高麗川がいかに良い水質であるかを再確認しました。
 坂戸の宝「清流高麗川」を守っていく活動の大切さを痛感した研修でした。
IMG_1102-2.jpg

IMG_1106-2.jpg

IMG_1143-2.jpg

IMG_1139-2.jpg