2017.04.18 サクラ咲く
昨年度ゴルフ基金の助成で植樹していただいたヤマザクラに

可憐な花を 1輪 2輪 かわいい花が咲きました

P_20170418_113432.jpg
2017.01.21 間伐作業
 ビオトープが整備された15年前に河畔林に植樹したクヌギが
大きくなり込み合っているのを坂戸市により伐採していただきました。
植樹したときはか細い苗木だったのが大きく成長し、
根元の幹回り80cm、樹高は15mを超えてきており、
大風が吹くと倒木の危険もあるための間伐です。3伐採作業
2伐採作業
1伐採作業

  1月12日(木)業者により伐採し、倒した木を1mくらいにカットしていただきました。
伐採された樹木を運び出し処理すると費用がかさむため、
その後の作業は会員の手によって片付け処理を行います。
P_20170114_092506-2.jpg
P_20170114_092455-2.jpg
P_20170114_100534-2.jpg

 ビオトープ右岸には整備前からの樹林があり、
その場所は野鳥や動物・昆虫の貴重な生息場所となっています。
そこに心無い人が入り込み生息環境を荒らす状況が見られるので、
その場所に伐採した樹木の枝を置き立ち入りにくくする作業を
会員の手により人海戦術で切られた枝を運び約半日でバリケードを作りました。
この作業がどれだけの効果があるかは判りませんが、
これ以上環境が荒らされないことを願うばかりです。
P_20170122_114520-2.jpg
P_20170122_114039 (2-2)


また、幹の部分、こちらはシイタケの榾木として活用します。
作業に参加した会員でシイタケ菌を埋める穴をあけ
、駒を打ち込み、2夏を超えた秋にはシイタケが収穫できる予定です。
P_20170112_132044-2.jpg
P_20170112_132055-2.jpg

暖かい冬と油断していたところへ初雪が・・・
しかも水分をたっぷり含んだ雪がつもりました。
ビオトープの木々もさぞ驚いたことでしょう。
そんな中、定期の植生観察会に14名の参加がありました。

今月の課題は「植物の冬芽」
*葉っぱになる芽
*花になる芽
冬芽を見れば樹種がわかるというお勉強です。

降り積もった雪を踏みしめながら、
今の時期しか見られないいろんな芽のタイプの観察をし、
春になり花が咲き枝を伸ばす様子につながる過程を確認していきます。

IMG_2950.jpg
 整備前のビオトープは一面桑畑であったことの名残の桑が今もあちらこちらに生えています。
刈り払い機による草刈り作業時の危険防止もかねて、2月~5月までの活動日に
法面部分の桑や葛の掘り取りを行いました。桑は生命力が旺盛で根が残っているとそこからまた生えてきます。
ツルハシやシャベルでしっかり掘り取ります。
約10回の活動日でビオオトープの3/4の桑の掘り取りを完了しました。

kuwa.jpg