春めいてくるとビオトープを訪れるカメラマンの数が増えます。
  先日も珍しい鳥が入っているという誤情報が流れたらしく多くのカメラマンが・・・

 他人よりベストアングルでの写真を撮りたいため鳥たちの生息域にまで侵入し、
鳥たちのエサとなる植物を踏み荒らすという行為が見受けられます。
 
そこでクヌギの間伐を行った枝を利用してバリケードを設置しロープを張りました。
自然に触れ合うゾーンとして整備されたビオトープには似つかわしくないのですが、
一部の心無い人たちの行為を防止するためには致し方ないのかと考えての対策です。

P_20170114_105834 (2)

IMG_1010-2.jpg


2017.01.10 新年初仕事
新しい年が始まり最初の活動日
新しい年の初めにふさわしいすっきりと晴れ上がった空のもと
気持ちも新たに集まった会員15名で今年もごみ拾いからのスタート

P_20170110_095414 (2)

ビオトープ上流部、中央部、本流沿いの3班に分かれての作業
約1時間半で集めたごみ5袋を分別して集積場に・・・

P_20170110_100418.jpg





梅雨に入り雨続きとなり草が勢いを増して
今を盛りにと伸びてきています。
散策に訪れる方々の安全を守るための草刈り作業
ビオトープに住む生き物たちの住処を奪ってしまわないように
除草作業の範囲を考えながら刈り込んでいきます。
IMG_0668-2.jpg

草丈が伸び水路に覆いかぶさってきているところの除草、
刈り取った草が水路に流れ込まないように・・・
法面の除草が終わり水路が開けました。
IMG_0660-2.jpg

散策路脇の笹薮が通路に覆いかぶさってきているところを
トリマーで刈り込んで散策通路の確保を・・・
IMG_0670-2.jpg

14名参加で約2時間、今回の予定作業の完了
IMG_0671-2.jpg

2016.06.26 草刈り作業
今年の3月~6月上旬までの少雨の影響で
ビオトープの水路の約半分の水が干上がり
ひび割れの状態が見受けられました。
この時期は堰からの水が田植えのため田んぼに
取り込まれるのでこのような状況が3年前にもありました。

梅雨に入り、少しづつではありますが降雨もあり
今まで水がなく立ち枯れていた草たちが一気に元気になり
1~2週間で約1mくらいに丈を伸ばしてきています。

やっと水が流れるようになった水路に覆いかぶさってきています。
IMG_0659-2.jpg

環境デー・水路整備・環境整備の活動日にこれらの刈り取り作業です。
刈り取った草は水路に流れ込まないように引き上げます。
IMG_0660-2.jpg

約2時間の作業で本流との合流部の水路が開きました。
IMG_0661-2.jpg