FC2ブログ
ビオトープ内では毎年エナガが営巣します。
昨年、一昨年はカラスに巣が襲われてしまいました。
これは自然の摂理で仕方がないことと考えていました。

しかし今年は人の手によって巣が壊されるという事態が発生しました。
エナガは何時もは比較的高いところに巣をかけますが
今回は地上1mくらいのところで巣作りをしていました。

低木で細かい枝が多くある場所を選んでの巣作りだったので
「今年はカラスに襲われることもないでしょう」と安心していましたが
人間によって巣が壊されるという事態になってしまいました。

ビオトープにはカメラを持った写真愛好家が多くいらっしゃいますが、
その中のどなたかが枝が邪魔になると枝を取り除き
巣の向きを写真にうまく入るように変えてしまいました。
人の手によってこのようなことが行われたことの証拠に
アケビの蔓で巣が落ちないように細工してありました。

約半月前からエナガのペアーが一生懸命巣を作って、
やっと巣が完成し、そろそろ抱卵という時期に
このような心無い人間によって巣が壊されるということになってしまい
とても残念なことです。

えなが226-2
巣作り中
(巣材のコケを蜘蛛の糸などで上手に絡めて巣を作ります)

えなが226
巣が完成
(雨や風が巣の中に入らないように向き、角度を考慮して作り上げられています)

えなが33
出入りするところにあった枝が取り除かれ
巣の入り口がよく写真に写るように巣の入り口の向きが変えられてしまいました

えなが33-2
すっかり壊れてしまいました
(アケビの蔓で細工されているのでかろうじてぶら下がっています)
毎年恒例の白鳥をみに・・・

この冬は暖かくて

飛来する白鳥の数も少なかったのですが

先日来の寒波で一気に数が増えました。

見物客が多く、警戒して昨年までいた場所より

ず~と下流のワンドになっているところに30数羽が・・・

そして川のすぐ近くの田んぼには70数羽がエサを啄んでいました。

今回の探鳥会は参加者が21名

観察種数が参加者の数だけ出るかと心配していましたが

好天に恵まれ暖かい日差しの元

観察種数は40種参加者の2倍

たっぷりと楽しみました。

あまりであえないミサゴも姿を見せてくれ

充実した探鳥会でした

konuma.jpg





野鳥定期調査が150回達成

第1回野鳥定期調査を平成15年7月にスタートし、1回も欠けることなく毎月1回実施してきましたが2015年12月9日の開催で150回を迎えました。
参加者は毎回20数名、また調査時の累計観察種数も101種となっています。
埼玉県内全域で30年間に観察された種数は333種ですので、高麗川ふるさとの会のベースのビオトープ内での観察種数は野鳥が生息するための環境が保護されている賜物なのではないでしょうか?